気候変動対策でここでも中国包囲網 する日EU!〔速報〕

ここ、2ないし3年で、中国に対する風当たりが強くなってきました。

アノ、鄧小平の頃は、中国に対する好意的な動きもありましたが、

今では、まったく敵国に対する感覚です。

戦争にならなければいいが!と思うことがあります。

内容

日本と欧州連合(EU)は27日の定期首脳協議で、気候変動対策の連携を深めるグリーン・アライアンス(同盟)の立ち上げに合意した。

世界の脱炭素化を日欧で主導。最大の温室効果ガス排出国である中国に厳格な削減を促す「包囲網」を築く狙いもある。

EUは「考え方が同じ」である民主主義国を中心に「同盟」を結ぶ方針。

日本との合意を原型に米国などにも拡大させる構想を抱く。

フォンデアライエン欧州委員長は記者会見で、「初の同盟を日本と始める。他国にも参加する気を起こさせたい」と強調した。

スポンサードリンク

ウィキペディア

気候変動(きこうへんどう、climatic variation)は、様々な時間スケールにおける、気温降水量などの変化を指し示す用語として、広く用いられている。特に環境問題の文脈では、地球の表面温度が長期的に上昇する現象、すなわち地球温暖化とその影響を、包括的に気候変動とよぶことが多い。

気象学の用語としては本来、平年の平均的な気候が長期的な時間スケールで変化する現象は気候変化(climate change)と呼ばれる。気候変動(climatic variation)は、平年の平均的な気候からの偏差という意味で用いられ、気候変化とは区別される[1]

意見

確かに、昔の日本とおなじで、公害は大変なものと思われますが、

なんとといっても、あの軍事力に対する行動でしょう。

南シナ海と東シナ海は全部自分のものという感覚ですよね。

考えてみれば、すぐ近くに大変な国ができたものです。

最大の人口も、一人っ子政策のおかげでこれからは減ってきます。

中国は、広いけれどそんなに鉱産物に恵まれていません。

また、ウイグル自治区は、人種も違います。

ま。モグラたたきばかりすることになるでしょう。

まとめ

今こそ、中国に連携して圧力をかけないと、さらなる侵略をする可能性があります。

日本、オ―ストラリア、アメリカはいいのですが、フイリピンや、ベトナムは、小さいために、中国になびく可能性が高いのですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする