日本の原発処理水「懸念」伝達 

韓国韓国外務次官、IAEA事務局長に懸念をはじめとして伝えた。

内容!

崔鍾文外務第2次官は28日、オーストリアを訪問し、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長と会談した。

崔氏は、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことについて韓国政府の「懸念」を伝え、

スポンサードリンク

IAEAが役割を果たすよう要請した。韓国外務省が29日、発表した。

 

 韓国は既に国際海事機関(IMO)にも懸念を訴える書簡を送っている。

両氏は核不拡散問題などの分野での協力に関しても意見交換した。

となっています。。

まとめ

何故、韓国が太平洋に面していないのに懸念を表明するのか。

よくわかりませんが、韓国でなくとも、果たして、大丈夫なのか。 

心配になります。

そもそも、有害な物を搬出するようなこの自体会社問題があるのではないでしょうか。

海洋が汚染されたら、そこに住む生物も汚染されます。

その生物を食べる生物も汚染されます。

別の方法を考えてほしいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする