新型コロナワクチンの開発状況はどうなってんの!〔速報〕

新型コロナウイルス(以下、コロナ)ワクチンの開発成功のニュースが続々と報じられている。

ところが、日本は、先進国でありながら、

いまだに、ワクチンがありませんよね。

大変、情けないことです。

開発内容

【最新情報】新型コロナ ワクチン開発・接種

 2020年11月9日、

米ファイザー・独ビオンテック連合が約4万3000人を対象とした第3相臨床試験の中間解析で90%の有効性を報告したのを皮切りに、

11月16日には米モデルナが94%、

11月23日には英アストラゼネカが70%、

11月24日にはロシアの国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所(以下、ガマレヤ研究所)が91%の有効性を示す

中間解析結果を公表した。

スポンサードリンク

 さらに、仏サノフィと英グラクソ・スミスクライン連合や米ジョンソン・エンド・ジョンソン、塩野義製薬などがコロナワクチンの臨床開発を進めている。今年前半には結果が公表されるだろう。

 コロナワクチンの臨床試験の一連の中間解析結果は、

専門家の予想を大きく上回るものだった。

知人の製薬企業社員は「こんなに効くとは誰も思っていなかったでしょう」と言ったが、

私は臨床開発が失敗すると考えていた。

米食品医薬品局(FDA)や世界保健機関(WHO)がコロナワクチンの有効性の基準として設定していたのは50%だった。

 感染者を半減させることは、公衆衛生学的には有効だが、一般の方々がワクチンに抱くイメージとは乖離(かいり)があるだろう。

ワクチンが有効というなら、麻疹ワクチンや天然痘ワクチンのように、接種すればまず感染しないと考える人が多いはずだ。

中間解析結果は、コロナワクチンが、まさにこのレベルで有効であることを意味する。

この中にも、日本は、塩野義製薬だけです。

寂しい限りですね。

まとめ

確かに、ワクチンは、通常の人に打つのですから、

何か不具合がでるとマスコミが騒ぎ立てます。

その関係で、、日本は、ワクチンの作成をやめたと聞いています。

でも、ソレっていいことなのですか。

商業主義に、走りすぎていますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする