マンション賃貸料 コロナ禍で!

長引くコロナ不況の長期化により、、賃貸住宅の家賃減額要請がこれからどうなるのか。

非常に、気になるところです。

家賃の形態

一口に家賃と言いましても、

住居のための賃貸料と

テナントのための賃貸料とあります。

コロナ禍で最も打撃を受けるのは、後者の

テナントのための賃貸料でしょう。

これれらは、新型コロナウイルスにより所得環境が悪化したことによります。

政府からの補助金は、賃貸業者には支払われるでしょうが

借りている立場の方にとっては、営業収益ではありませんので、

補助金は出ないかもしれません。

スポンサードリンク

果たして、どうなっているのでしょう。

聞くところによれば、

入居者から家主や賃貸管理会t社に対して家賃の支払い猶予、減額のお願いなどが相次いでいるそうです。

その中でも、「賃貸住宅の居住者からの減額請求よりも、テナントからの減額請求が多い」とのことです。

これは、わかりますね。

営業収益が落ちれば、テナント料は払えません。

業種別には、休業要請・外出自粛の影響を大きく受けている飲食店・サービス業が多いそうですが、保育園・託児所、接骨院、針灸院、診療所といったテナントからも猶予・減額からを求められたケースもあるそうです。

テナントからの減額要請期間としては「だいたい3カ月間」(36%)が最も多く、「だいたい半年」(21%)と合わせて半数を占めている。

(大和不動産鑑定の8月の調査)

トラブル

テナントが勝手に減免して貸し手が滞納として処理されたケース

「売り上げが減っているのだから賃料も減額する」と勝手に入居者に判断されたケース

賃貸業者側

賃貸業者も、借り入れで、物件を購入している場合は、

利息も返済もしなければならないために死活問題となります。

まとめ

コロナは、住居関係にも大きな損失を与えています。

大家さんも、気が気ではありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする