新型コロナのPCR検査

新型コロナのPCR検査にどなたも興味はあっても

実際は、どうすればいいのかわからないことも

多いのではないでしょうか。?

実際、私も「受けてみたい。」とは

思っているのですが、方法がわかりません。

受信できる場合

無料

無料で受信できるのは 、医師が必要と認めた時だけだそうです。

しかし、無料と言えども、(1000~2000円程度の初診料・診察料などは必要)

注射代が無料ということです。

ところで、医師が必要と認めた時とはどんな時なのでしょう。

PCR検査を認めない場合

スポンサードリンク

事前確率はきわめて低い場合を意味します。

事前確率とは、「「検査前の患者さんがその病気を持っている確率」

のことを言うそうです。

簡単にいますと、例えば、3密が発生する場所には行っていないだろうと推察できる場合です。

微熱と軽い咳が2日続いている患者さんですが、

その人が住んでいる地域ではここ何ヵ月も1人の感染者も出ていません。

その人は1人暮らしで、3ヵ月前からずっとテレワークをしています。

趣味のジョギングも今はやめていまて誰も接触していません。と言っています。

こんな場合ですね。

有料

有料の場合は、インターネット上の情報では検査料金1万~5万円ということです。

ちなみに、村田製作所がPCR検査の安価な器具を作成したそうですが 

我々の、検査料も、もっと経済的にしてほしいものですね。

まとめ

この金額では、何かどうしても必要という場合でなければ、

受診できる状態ではないですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする