梅酒は焼酎を使った簡単な作り方があり時期も関係してきます。

5月になりますと梅酒のシーズンです。 梅酒の作りかたを研究しましょう。

スポンサードリンク

梅酒をつくる時期

5月にもなりますと梅の花が咲きみだれ梅の木がたわわに下がり実がつく頃ですよね。

日本では、農家では梅酒は家庭で作ることは当然のこととなっています。

梅がたくさんありますが、それでは梅酒はどうなのでしょう。

梅干しも、自宅で作ることができます。

その梅干しをを作る時 もっともっと、最適な時期があります。

それを少しご紹介します。

梅酒を作るには、梅の収穫時期に合わせます。

ですから、1年中いつでも作れるわけではありません。

だいたい5月から6月ごろになります。

このころの時期になりまストスーパーにも、所狭しと梅の実が販売されています。

ホワイトリカーは砂糖を絞ったあとの残りかすである廃糖蜜や粗留アルコールを原料に、連続式蒸留器で蒸留して作られた風味のないアルコールです。

ですから、、梅固有の味・色をそのまま生かす利点があります。

それでは、本格焼酎はどうなのでしょう。

本格焼酎はアルコール成分のほかに焼酎原料の成分や旨味が十分に生きています。

ですから、梅酒作りには不適切とされていました。

ところが、最近はこのことが見直されているのです。

実際、昔はこの焼酎で作られていたのですからね。

成分が梅とマッチして、コクがあり旨味に個性のある焼酎が出来上がります。

たとえば、黒糖焼酎ならば黒糖の甘みとマッチするのです。

梅酒は焼酎なのホワイトリカーなの

梅酒と言えば、ホワイトリカーがが通常になっています。

しかし、ホワイトリカーに限りません。

本格焼酎でも梅酒がを作ることができるのです。

ホワイトリカーは砂糖を絞ったあとの残りかすである廃糖蜜や粗留アルコールを原料に、連続式蒸留器で蒸留して作られた風味のないアルコールです。

ですから、、梅固有の味・色をそのまま生かす利点があります。

それでは、本格焼酎はどうなのでしょう。

本格焼酎はアルコール成分のほかに焼酎原料の成分や旨味が十分に生きています。

ですから、梅酒作りには不適切とされていました。

ところが、最近はこのことが見直されているのです。

成分が梅とマッチして、コクがあり旨味に個性のある焼酎が出来上がります。

たとえば、黒糖暑中ならば黒糖の甘みとマッチするのです。

以前は、田舎では焼酎で作っていました。

ホワイトリカーはなかったですからね。

また、焼酎は35度以上のものを使用してください。

スポンサードリンク

梅酒の簡単な作り方

梅酒の作り方は簡単です。 原材料を用意してください。

●青梅 1kg ●氷砂糖 700g前後が目安 ●ホワイトリカー 1.8Lまたは本格焼酎 ●殺菌した保存容器(5Lビンなど)

1 青梅を丁寧に水で洗って、アク抜きをするためにたっぷりの水に2〜4時間つけておきます。

※アク抜きをしないと梅酒に渋みがでるからです。

2 水気を十分に切ってください。

3 口のヘタ(軸)を串などで丁寧に取り除きます。 ※梅は金属を嫌うのでココは竹串がいいと思います。

4 殺菌した保存容器に、青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖の順で交互に入れていきます。

5 ビンに焼酎を静かに注ぎ入れます。

6 このまま冷暗所で保存します。糖分を混ぜるために時々揺すってください。

まとめ

梅酒は、本来家庭で作るものだったのです。

最近は、スーパーで販売されていますが、 家庭で、本格焼酎でチャレンジしてみてください。

尚、あまり氷砂糖をたくさんいれますとねっとりと甘くなってしまうことがあります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする