自転車の100円ライト

自転車 ライト

昔、今の松下電器(ナショナル)の松下幸之助さんは、自転車のライトで今のナショナルの礎を作りましたが、さすがに、自転車のライトをつけますとコグののしんどいですよね。

ところが、100円ライトもできるようになりました。

でも、

あのライト、

後ろにもつけていると

衝突よけになるのではないでしょうか。?

自転車には、反射シ―ルがついています。

でも、それだけでは、心もとない時には、

あのライトをつけるとより安心ではないですか。

このライトの良いところは、動力が電池ですから、

自転車をこぐ労力が必要ないことです。

スポンサードリンク

実際に、どの自転車でもライトはついていますが、自転車のタイヤの空気圧が

少ないと時は、特に重くてしょうがないことが多いですね。

注意点

ただし、プラスチックですから自転車が倒れたら、

壊れることがあります。

また、よく倒れる自転車は、サドルが片方が多いですね。

しっかりと、地面についている自転車は倒れくいです。

お値段は、2,000円~3,000円は高いですが、邪魔にならない感覚でしたら、

その方がいいかもしれませんね。

最近は、自転車もいいのができてきています。

バッテリ―で走る自転車もありますが、

アノ自転車は重たいです。

ですから、バッテリーが効いているときは、楽なのですが、

切れているときは、重たいそうです。

まとめ

最初、知り合いがこのライトをつけているとき、「何か。?」

と思ったのですが、

100円ショップで購入して実際につけてみますと便利で本当によいものと思ったものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする