そうじ力をつければ整理ができる。

掃除で悩んでいませんか。

そうじをするにあたっていちばん問題となってくるのが、
いらないものを自分の部屋から排除するということになります。

つまり、モノをすてるということなのですね。
ところが、簡単なようでなかなか捨てることがことができない人がいます。

人生で抱えている様々な問題と決別し、運気を好転させる幸せをたくさん掴むためにはどうすれば良いのでしょうか。

私は幸せを手に入れるために努力するよりも、まずはマイナスをどんどん捨てていく努力をすることが、最終的に幸せを掴むことになることなのではないかと思っています。

つまり、モノを捨てるということは、
これまでの自分がまとっていた古い殻=ゴミやガラクタを捨てるということです。
またいつまでも決心が付かない迷いを捨てるということでもあります。

それはわかっていても、なかなか捨てることができないのです。

では、捨てるためにはどうすれば良いのでしょうか。

まずそこで、考えてみるべきキーワードがあります。

捨てるものと残すものを選別するポイントが、難しいのです。

そのポイントは、 必要か必要でないかです。

ともかく、捨てるのに迷ったら、このキーワードを考えてみてください。

捨てるポイント

ポイント1(過去)

思い出や栄光を捨てる。

過去の輝いていた自分を捨てる。

ポイント2(現在)

レベルを下げるものを捨てる。

自分の品性を下げる物を捨てる。

ポイント3(未来)

いつか使うものを捨てる。

これが一番難しいのですね。

いつか使う。

スポンサードリンク

そのため、いつまでも残っています。

田舎には蔵がありますが都会にいますと家が小さいですから
蔵どころか物置すらもありません。

そんな所に物は置けません。

ポイント4(不安)

もったいないものを捨てる。

なんと、このもったいないという言葉は日本特有だそうです。
スペインにはないそうです。
テレビで言っていました。(真偽のほどはわかりません。)

素晴らしい言葉ですが、必要のない物は捨てましょう。

置いている場所がもったいないですね。

これは考え方です。

ポイント5(残す)

無くなったらつらいものは残す

これらのポイントになるそうです。

<h3>捨てられない時</h3>

捨てたいのに捨てられない.
そんなことがよくありませんか。

そんなときは、ともかく目の前のタオル1枚から始めてみてください。
また、とっての壊れた鍋でも捨ててみましょう。

結構、台所には使わなくなったものがあるものです。

例えば、魔法瓶でもいいものです。

それらを.1年間使わなければ捨ててみることです。

では、もし使うことがあったらどうするのですかと言う考えも浮かんできます。

そんなときは、まだ考慮すればいいのです。

そうすることによって、家の中がすっきりしていきます。

ネットショップで販売

捨てられない場合には、ネットショップなどで販売することもできます。

リサイクルやバザーに出したりネットオークションで売ったりするのもいいことです。

でも、そういうことを思っていますとなかなか捨てられないものです。

なぜならば、オークションに出すことも、結構めんどうなことだからです。

ですから、いつまでも手元になるのですね。

まとめ

.

ともかく、家の中を整理するためには、捨てることです。

そのためには、少しずつでいいですので捨てましょう。

毎日、一個ずつ捨てることによってそれが習慣になり捨てることが上手になってきます。

そうすることによって、部屋の中と心がきれいになります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする