春から夏への旬のネタ・回転寿司

春から夏への旬のネタ・回転寿司

回転寿司に行っても、その時期の旬のネタが何か、
わかりづらいものです。

旬のものを食べる方が美味しいですよね。

そこで、春から夏にかけての春の食材よ、お伝えしようと思います。
これらのものは、
旨みと甘みが混合し、脂ものって、大変おいしいものです。

魚の種類
桜鯛

桜の季節に取れる美しい桜色の鯛です。

この季節だけの真鯛の別名です。

白身が赤みを帯びて桜色になるのは、
産卵期に向かって脂を蓄えているからです。
桜色の姿と白身魚の女王の名にふさわしい上品な甘みが特徴です。

初鰹

秋の戻り鯛に比べて
身がきしまっていてあっさりしています。

春から初夏にかけて太平洋を北上するのが初鰹だそうです。

深紅に輝く身が印象的です。

旬の味覚をこよなく愛した江戸っ子からは
「女房を質に入れてもも初鰹」なんて心待ちされたものの絶品です。

漢字を見れば一目瞭然
春を告げるをほろ甘い赤みです。

甘みもうまも程よく。柔らかくほどける食感が特徴です。

白身魚と思いきや、分類は赤み魚です。
あぶって食べることも多いです。
成長するにつれ名前が変わる出世魚です。

さより

噛むほどに感じる人ほのかに感じる苦味が人気です。

細くて透明なはかなげな姿にふさわしい品のいい味わいです。
でも淡白だかといえばそうではなく、噛むほどの旨みと甘さが出て最後に苦味が
味わえます。

金目鯛

鮮やかな紅白の姿が目印です。
脂のノリがいい深海魚です。

鯛という名前がついているのに、実は鯛とは別の種の深海魚です。
その鮮やかな外見と目の色からこの名前になりました。
白み魚の中でもずば抜けて濃厚な針旨みがあり、あぶつてもおいしいです。

スポンサードリンク

アオリイカ

舌にねっとりと絡みつく
春に巨大化するイカの王様です。

日本近海の以下の中で、最も大型です。
大型と聞くと固そうですけれど、肉厚な身は歯ごたえが良いのに柔らかく、
甘味が濃厚でねっとりとしています。
あと身のキレの良さも人気の理由です。

ホタルイカ

芳醇な味噌も丸ごと生でも入れても美味いです。
姿は小さいけれど丸ごと食べられるので、イカの魅力を味わい尽くせます。
ですがおいしいとされ、にぎりでなされることもあります。

生シラス

小さいながらもプリとした美味ないわしの稚魚です。

桜エビと同様、春秋に取れるすしネタで脂がのって大きくなる秋に比べると、食感が良くてサッパリとしています。
鮮度が命のため入荷しないことも多いので、メニューにあったら即オーダーしましょう。

桜エビ

ピンク色にキラキラと輝く駿河湾の海の宝石

春秋に漁期を迎える小型のエビで取れるのは駿河湾のみ、
乾燥で出回ることがほとんどなので、宝石のように輝く生の桜エビはまさに季節の贈り物です。
甘みがこくぶりぶりとしています。

江戸前にぎりずしの真髄——職人の技と粋 | nippon.com

まとめ

春から夏にかけての、もっとも美味しいネタです。
回転寿司に行っても、このような魚をネタに食べてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする