スーツにはセンターベント、サイドベンツ、ノーベントがあリます。

仕事をするとき、職種によりますが、男性は、スーツで身なりを決めることが多いですよね。

また、どこかに出かけるときもスーツを着ていくことが多いです。

通勤もスーツが多いですよね。

今の日本で、少なくとも羽織を着ることはあまりありません。

そんなスーツですがそのスーツを選びに行きますと、よく見ますと種類があります。

みんな同じではありません。

わかっているようでわかっていないことが多いのですね。

後ろ姿の切れ目に気づいたことはありませんか。

よく見ると、切れ目がないたタイプ、2つあるタイプ、真ん中に切れ目があるタイプの3種類が目立ちます。

ベント3種類

センターに切れ目

サイドに2つの切れ目 切れ目がない これは何故だろうと思ったことありませんか。?

どのタイプを選んだら良いのか、?

迷ったことありませんか。?

スポンサードリンク

センターベント(シングルベント)

そもそもの起源は乗馬における動きやすさを実現するために考案されたデザインであるとされています。

このことから、別名「馬乗り」とも言われます。

が、スーツを着て馬に載るイメージはなんとなくわきませんね。

でも、ビジネススーツの中ではこのシングルスーツが圧倒的に多いですね。

特に、シングルスーツや、細身で着丈が短めのスーツとの相性が特に良いとされています。

とりわけアメリカ系ブランドのスーツに採用されることが多いディテールです。

軽快でスポーティーな印象するならセンターベントがおすすめです。

スポンサードリンク

無難なとこで決めておきたい場合はこのセンターベントがおすすめです。

実際に、着てみればわかりますが、動きやすいです。

体がねじれても気になりません。

サイドベンツ

ビジネススーツにおいて、センターベントに次いで多く使用されているのがこのサイドベンツ(ダブルベンツ)です。

別名「剣吊り」とも呼ばれる理由は、腰に吊った剣(サーベル)の抜き差しをしやすくするためのデザインの名残りと言われております。

これは、英国製スーツに採用されることが多いディテールです。

両サイドに切れ込みが入っているので、センターベントよりも動きやすい感じがします。

あらゆるビジネススーツに相性が良いですが、あえて言えば着丈が短すぎない正統派のスーツやダブルブレステッドスーツとの相性が特に良いと言われています。

壮言さを演出するならサイドベンツが合っています。

センターベントにするかサイドベンツにするか迷ったら着丈が短かいか、長いで判断しましょう。

ノーベント

「ノーベント(ベントなし)」が求められる場合は、機能性の求められない社交パーティーなど公式の場で着用するスーツに採用されるクラシックなデザインです。

「センターベント」「サイドベンツ」が「動きやすさ」という機能性を高めるためのディテールであったのに対して このノーベントは機能性は求められていません。

機能性ですから、動きはあまり考えられていないということです。

後ろから見た感じもスーッと腰のあたりがして落ちている感じですね。

むしろ、ディレクタースーツやタキシードにあうディテールです。

採用されるのは、クラシックを大事にするクラシコイタリアのスーツが多いです。

ドレッシーでエレガントな雰囲気を演出するならノーベントがおすすめです。

まとめ

スーツを購入するとき、よくわからないですよね。

でも、起源を知っているとき決めやすくなります。

ちなみに、ビジネススーツを購入するときは、センターベントが一般的です。

管理人も、ビジネススーツはセンターベンツです。

意味はありません。

一般的だからです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SALEが開催中

    当店は世界最高級ブランドコピーを大勢揃っています。
    ブランドコピールイヴィトンをはじめ、クロエ、グッチ、シャネル、ミュウミュウなど、
    様々な海外有名なブランドコピーバッグや財布等を販売しております。
    今、いろいろブランドコピー新品が登場します。
    バッグ、財布、シューズ、小物など逸品がぜひおすすめです。
    スーパーコピー ヴィトン デニム lee https://www.ginza24.com/product/detail/9579.htm